心療内科で代表的な治療法とは?

心療内科で行われる治療法として、薬物療法、心理療法、生活指導の三つが代表的です。薬物療法とは、症状に応じて抗うつ剤や抗不安薬などの薬を投与することで、治療を行う方法です。心理療法とは、カウンセリングなどを行い患者と対話することによって心理的な問題を発見し、治療する方法です。生活指導では、決まった時間に毎日寝起きするなどといったアドバイスを行い、生活リズムを整えることで改善される病気の治療を行います。

そのほか病院やクリニックによっては、社会復帰支援や自立支援を行っているところもあります。代表的な方法としては、定期的な通院を促しスケジュールによって生活リズムを管理させるデイケアや、ストレス対象法の指導などを通してサポートを行うリワークプログラムなどがあります。

心療内科は自分に合った治療法を選択できるところを選ぼう

心療内科を選ぶ際に、自分に合った治療法を患者が選択できるかどうかは、重要な判断基準になります。心療内科では心の病気を解決し治療するので、納得のいかない治療法を押し付けられては治療が進まないどころか、かえって病気を悪化させてしまう可能性もあります。ですので心療内科は必要な情報を教えてくれた上で、自分に合った治療法を選ばせてくれるところを選びましょう。

よい心療内科の基準として、自分の話を親身に聞いてくれる医師のいることがポイントです。心理的な問題は人によって違うため、治療法も一様ではありません。そのため一人ひとりに向き合い、最適な治療法を一緒になって見つけてくれる医師の存在が不可欠なのです。話を親身になって聞いてくれる医師は、その人にとって大切なことを見極めようとしてくれているので、信頼できると言えます。