通いやすさで心療内科を選ぶ

心療内科を選ぶ際、腕のいい医師に診てもらおうと遠くの病院へ通おうとするのはあまりおすすめできません。心療内科は、実は通いやすさも大切なポイントなのです。たとえば有名な医師に診てもらおうと、病院へ通うのに数時間もかけては、通うこと自体がストレスになりかねません。そうなってしまうと治療は遅れてしまいます。ですので、心理的な負担にならないように、心療内科は通いやすい場所にあるところを選びましょう。 通いやすい場所は、自宅の近くとは限りません。職場の近くや、散歩の際に通る道など、心理的に負担にならないような行きやすい場所であればどこでもよいでしょう。心療内科に行くこと自体をストレスと感じさせないような、手軽に行けるクリニックを見つけることが大切です。

親しみやすさで心療内科を選ぶ

行きやすさに加えて、心療内科の医師が親しみやすいかどうかも、選ぶ際の重要なポイントになります。相性の合わない医師に診察を頼むのは、心理的な負担となって病気の治療を遅らせてしまう要因になりかねません。直感的にこの人いやだなあ、と感じるような医師には診察を受けない方がよいでしょう。我慢して通い続けるとかえって病気が悪化してしまう可能性もあるので注意してください。

親しみやすい医師とは、自分の顔を見つめて話を聞いてくれる人です。心療内科の治療は患者の心に寄り添う必要があり、患者一人ひとりの心はそれぞれ違っています。その違いをしっかり見つめてくれているかどうかが重要なポイントなのです。自分の心と向き合い寄り添ってくれる、信頼感を与えてくれる医師を選びましょう。